後悔しない闇金対処1:借金を返済しない

 

ヤミ金による取立を止めるには、もうこれ以上は取立をしても仕方がないと思わせることが必要になります。
そもそも違法金利による融資は返済する義務がありません。

 

ヤミ金側もそれを知っていますから、法律面ではなく「借りたものは返すのが当然」というような攻め方をしてきます。

 

しかし、元本と適正な金利分を支払った程度ではヤミ金の取立は止まることはありません。
ヤミ金の方針は広く浅く回収することではなく、取れるところからとことん搾り取るというものです。
要求すればいくらでもお金を払うとみればとことん取立を行ってきます。
下手に誠意を見せることは逆効果になってしまうのです。

 

ヤミ金に取立を諦めさせるための第一歩はお金を払わないということです。
一度支払いをしてしまうとヤミ金は味をしめて要求をエスカレートさせてくるでしょう。
ここはどんなことを言われてもお金を払ってはいけません。

 

後悔しない闇金対処2:自分で対応せず弁護士に依頼する

 

とはいえ、お金を借りた手前、ご自分1人でヤミ金業者に対決することは精神的にも大変でしょう。
そこで弁護士や司法書士などを頼ってください。
特に借金問題や債務整理を専門にしている弁護士・司法書士はヤミ金への対応にも慣れています。
ヤミ金と手を切るために適切なアドバイスをしてくれるでしょう。